banner

中古車オークションの注意点

中古車オークションの注意点

いよいよあなたも車を買い替えるときがやってきました。新車には手が出ないので、中古車でいい。しかもなるべく安く、なるべく良い状態のものを。中古車とは言え、そんなにしょっちゅう買い替えている人はいません。時代の急速な流れとともに、中古車の売買方法も多様化しています。
中古車の入手ルートは、主に3つあります。一つ目が、従来通りの中古車販売店から買うルート。二つ目が、中古車オークションを行う専門業者から買うルート。三つ目が、インターネットを通じて個人から買うルート。一番安いところから安易に買うのではなく、まずはこれらのルートの特徴と注意点をしっかりと理解したうえで購入を検討しましょう。

中古車販売店の特徴は、信頼性です。大手企業のフランチャイズでも個人経営でも、販売相手は地元の人間です。地域密着型ですから、信頼なくして成り立ちません。車の状態も良く、通常は保証もアフターケアもついてきます。注意点は、他のルートから買うよりも高い点です。販売店のマージンの他に、中古車オークション業者のマージンも加わります。他のルートの車の状態が必ずしも悪いとは言い切れませんので、場合によっては割高になってしまう可能性もあります。

中古車オークションの特徴は、信頼性と値段です。車の専門家である取引業者同士が、厳格なルールのもとでオークションをします。これを直接買います。車の状態などは第三者が検査して評価を下しているので、嘘はつけません。販売店が仲介しない分、値段も割安になります。保証やアフターケアも充実している場合があります。ただし、あらかじめ試乗できない点や、購入キャンセルができない点などが注意点です。

インターネット個人売買の特徴は、何はさておきその安さです。どこの業者も経由しないので、中古車オークションより割安です。しかしながら、値段が一番安い分、注意点も一番多くあります。売買する個人同士が、ともに素人という点が問題です。車輌の所有権が移動する際に必要な書類や手続を、あなたはスラスラと言えるでしょうか。素人同士では必要な書類の受け渡しや手続がなされない場合があり、トラブルの原因となることがあります。あるいは、前オーナーは良い人でも、前々オーナーは車を大事にしていなかった可能性もあります。従って、販売店や中古車オークションに比べて、車の状態にも疑問が残ります。

そんな素人の無知につけこんで、素人を装う悪徳業者が出てきます。入金しても車が届かず、連絡したら「現在使われておりません」。素人のやり取りなので、そんな古典的な詐欺も可能です。メーターの走行距離も、元に戻すことも可能だと言います。

このように、車の購入ルートによっては、異なるいくつかの注意点があります。それぞれの長所短所をよく理解して車の購入を検討したうえで、大事な買い物をしたいところです。

Copyright(c) 2017 中古車相場を制するものが中古車オークションマイスターとなる All Rights Reserved.