banner

クレームの対象

中古車オークションとクレームの対象範囲

中古車オークションはとても便利なものですが、事前に注意点をチェックしておく必要があります。
例えば、保証期間と保障内容についての確認です。

中古車オークションで落札した車についてもし不具合箇所があった場合、保証期間であればクレームをつけることができますが、期間外なら保証の対象となりません。気がついたときにクレームをつけても、もう期間外で対応してもらえないということになることもあります。したがって、中古車オークションで落札した後の保証期間と保証内容についてはよく確認しておかなければなりません。しかも、不具合箇所の対応範囲については各中古車オークション会場ごとに違うのです。

それぞれの会場で定められた規約があり、それに基づいて決定されます。例え保証期間内であっても、全ての不具合箇所について対応してもらえるわけではないことを知っておきましょう。不具合箇所の保証期間は、一般的には1週間程度となっています。つまり、そのオークション会場での保証期間が1週間であれば、そこで落札した車両については1週間以内で不具合箇所を見つける必要があります。

しかも保障内容によっては受け付けてもらえない箇所もあること、免責金額があることもハードルとなります。免責金額というのは、その金額の範囲で収まる不具合については対応してくれない金額のことです。一般に3万円前後であれば免責金額となります。中古車オークションを利用するにあたっては、この免責金額のことも頭に入れておきましょう。オークション会場で落札した車両の保証期間が1週間であれば、あらゆる不具合箇所について1週間以内に発見して申告しなければ、対応してもらうことはできません。

軽度の不具合はもちろんのこと、事故歴についても同様です。したがって落札が終わったら、すぐに不具合箇所のチェックを行うことが欠かせません。保証期間内でないと対応してもらえないので、時間との勝負になります。ただしクレーム期間はオークション会場ごとに違うため、1週間以上の猶予がある場合もあります。

一方、同じ不具合箇所でもメーター改ざんの場合は事情が異なります。商法に基づいたルールとして、メーター改ざんの不具合については6ヶ月間程度のクレーム期間が設けられています。ちなみに考慮される車の不具合は、3万円前後の部品代となります。工賃は考慮されないのでこの点を注意しておく必要があります。部品や安くて工賃だけで3万円を超えても、対象外とされます。

Copyright(c) 2017 中古車相場を制するものが中古車オークションマイスターとなる All Rights Reserved.